浅吉ひとりぼっち


長唄三味線方:杵屋浅吉:コラム・ブログ

浅吉ひとりぼっち--- コラム

COLUMN

vol.11・・・2015/10/14

 いつもながらの遅い更新、申し訳ありません。
 難しいもので、日常的な報告や思ったことを書くだけでは単なる「ブログ」になっちゃいます。そういうことはTwitterやFacebookでいつもやっていますので、そちらをご覧いただくとして…。ここではもうちょっと踏み込んだことを、少しでも長唄や三味線の将来に関わるような「為になる話」が書きたいと思っています。
 だからなかなか書けないんですよねぇ…っていう言い訳でした。ごめんなさい。

 さて、先日「長崎くんち」というお祭りへ行ってまいりました。毎年10月の7、8、9日に行われる長崎諏訪大社の秋季大祭で、400年近い歴史を持つ大きなお祭りです。唐風の銅鑼や喇叭に合わせた「龍踊り(じゃおどり)」が有名ですが、他にも様々な演し物(だしもの)と呼ばれる奉納踊りが有ります。
 江戸時代の旧町名によって細かく区分された市内の町々が、それぞれの町に伝わる独特の演し物を競います。お祭りは毎年ですが、それぞれの町に順番が回ってくるのは7年に一度!そりゃ気合が入ります。
 詳しくは公式サイトまで。http://nagasaki-kunchi.com/ 本当に面白いお祭りです。

 僕が参加させていただいた西古川町は相撲に縁の深い町だそうで、それに関わる演し物をします。そしてもう一つ「本踊り」という演し物が有るのですが、これは本朝踊りの略で、要は日本舞踊のこと。鎖国下にありながら中国やヨーロッパの文化と接していた長崎ならではの呼び方ですね。外国の文化が混じった踊りに対して、純粋な本朝(日本)の踊りだということです。
 日本舞踊といえば、伴奏に地方(じかた)が必要です。ああ、浅吉が伴奏ねと思った方、残念でした。おくんちの特徴として、踊りも地方も必ず女性が務めるというしきたりが有るのです。これはおくんちが、丸山の遊女が諏訪神社に踊りを奉納したことから始まったという故事に由来するそうですが、とにかく僕は弾くわけにはいかないのです。長崎で日頃から精進なさっている当流の若手女流演奏家の皆さんがこの大役を務めました。僕は後見としてお伝いを。
 おめでたい三番叟ものに晒しを振る動きを取り入れた「晒三番叟」をメインに、地元の踊り子さんに小さな子供達も一緒の、賑やかで華麗な演し物でした。

 「本場所」と呼ばれる、神社や特設会場での奉納は、大勢のお客様に囲まれて上記フルコースの演し物を披露しますが、これだけで終わらないのがおくんちです。むしろここからが本番と言っていいでしょう。「庭先回り」の始まりです。
 踊り子と地方が小編成のチームに分かれ、このお祭りに協力してくれている市内の会社、お店、役所、個人宅を本当に一軒一軒庭先を歩き回って踊りを披露するわけです。内容はダイジェスト版ではありますが、あの坂だらけ、路地の狭い長崎の町をですよ?しかも皆女性です。
 今見えてたよね、聞こえてたよね、という隣家だろうとちゃんと丁寧に回ります。通り一本全部の家にやることも有ります。大旦那のおうちの前では本場所さながらのフルコースを披露することも有り、朝から晩まで、ほとんど休みなく町中を歩き回り踊り続け唄い続け弾き続け…壮絶な3日間です。2チームで3日間、3000軒近い庭先を本当に回り切りました。

 「先生は大変だから本場所以外はホテルで休んでてください。」7年前も今回も長崎の方から言われました。冗談じゃありません。こんな楽しそうなことに参加しないなんて…一軒一軒丁寧にお客様の好意と声援に応えて芸を披露して回る。芸人の原点です。長崎女の粋のようなものを感じながら、僕も数万歩ずつの3日間を堪能しました。楽しかった!

 江戸時代以前から貿易の要所として栄えた長崎。江戸以降も天領としての独特の性格を持ち、鎖国下で唯一開かれた港であり、様々な文化が入り混じったエキゾチックな街。そして江戸吉原と並び称された長崎丸山。度重なる質素倹約などの幕府の締め付け、くだらない田舎もん明治政府の僻みによる規制、戦争、そして原爆…あまりに重い歴史を持ちながら、今でもこれだけのお祭りをやっている長崎と言うのは、本当にすごい街です。保存のためだけでなく、今でも参加者も見る人も楽しめるように発展・改良し続けているのも素晴らしいと思いました。
 個人的には、そういった今でも日常に生き続けている江戸文化というものを何か参考に出来ないか…長崎の歴史や長崎もんの意地みたいなものを改めて感じる3日間。まだ不勉強な丸山文化も今後深めて行こうかなと。

 本当に色々なものがいっぺんに味わえる夢のようなお祭りです。行ったことない皆様も来年以降、ぜひ行ってみて下さい!

弓彦≒浅吉

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 |

Copyright© 2014 [asakichibocchi.com] All rights reserved.