浅吉ひとりぼっち


長唄三味線方:杵屋浅吉:コラム・ブログ

浅吉ひとりぼっち--- コラム

COLUMN

vol.9・・・2015/1/14

 2015 新年のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。遅ればせながら年頭のご挨拶をば。

 昨年はまさに「浅吉ひとりぼっち」元年。このホームページの本格始動にぼっち会の開催と、まだまだ小さな一歩ですが、確かな第一歩を踏み出せたと思っています。これもひとえに、皆々様の温かい応援とご協力とのおかげと感謝しております。
 本当の意味で伝統を守るということ、古典でもちゃんとやれば現代でも楽しめるということ、長唄というものの娯楽としての原点回帰…そして何よりも「音楽」しよう!といったテーマをしっかりと据えて、まだまだ少しづつかもしれませんが、でも着実に一歩一歩進んで行くつもりです。今後とも益々のご指導ご鞭撻叱咤激励をお願い申し上げます。
 今年は未年、浅吉は年男です。トップページの三味線羊のような、優し気でカッコ良く、そしてちゃんと角のある羊になれるよう一層精進しようと思います。

 さて、浅吉の正月は国立劇場。初春歌舞伎公演「通し狂言ていただいています。
 毎年お正月の国立劇場は、尾上菊五郎劇団による新作歌舞伎だったり復活狂言だったりと、普段とは一味違ったお芝居をやります。今年は昔から有る演目ではありますが、新たに脚本もアレンジして演出も変わっているので、やはりほぼ新作のようなもの。年末のお稽古で一から作り上げる過程に参加させていただける(ほぼ傍観者ですが)のはとても勉強になります。新しい合方を覚えたり、先輩方から様々な知識を教えていただいたり、一流の役者の動きを間近で見られたりと、充実した年末年始を過ごすことができました。
 江戸時代にこの「南総里見八犬伝」という一大歴史伝奇小説が連載開始されてから今年はちょうど200年目だそうです。僕は原作も好きだし、今回のお芝居もお正月らしく華やかで、また色々な見どころ満載で面白い作品だと思います。節目のお正月、ご覧になってみてはいかがでしょう?

 では、2015年が皆様にとって良き年であることをお祈りします。本年もよろしくお願いいたします。

弓彦≒浅吉

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 |

Copyright© 2014 [asakichibocchi.com] All rights reserved.